Skip to content

スクラバーを活用して安全な工場運営を実現する

スクラバーを用いることで、工場から排出される有害物質が浄化されていきます。長きに亘って工場を運営する上では、環境基準に抵触しないことは勿論のこと、周辺環境に悪い影響を与えないことが大切です。工場からガスを排出する設備にスクラバーを加えることで、大気中に放出しても、周辺環境に問題を引き起こすことは無くなります。スクラバーには、湿式と乾式が提供されています。

水溶性の高い有益物質の場合には、湿式の除去装置を用いた浄化を考えていくのも良いでしょう。酸性ガスや、アルカリ性ガスなどの水溶性が高いものは、排出する前に水分で浄化することで中和されていくからです。導入に際しては、工場を運営する環境下での排出規制値を確認しておいた方が良いでしょう。湿式で浄化出来ない物質は、乾式での洗浄を行う必要があるからです。

乾式のスクラバーでは、活性炭を使って有害物質の洗浄を行います。排出設備の中に組み入れることで、大気中に放出する前に、問題の無いレベルまで有害物質の包有量を低下させる事を可能にします。スクラバーの導入を進める際には、自社で放出される有害物質の量を測定しておいた方が良いでしょう。殆どの導入業者では、無料で相談に応じてくれます。

設備の導入を進めるためには、どの程度の予算や期間が必要となるかを事前に伺っておく必要があるものです。製造工程において放出される有害物質の量が分かれば、適切な設備の検討をスムーズに進められるからです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です