Skip to content

日本でスクラバーが活躍する場所

日本では観光産業が非常に盛んで、そのなかでも温泉地は世界からたくさんの方が訪れるほどです。日本の国土は環太平洋造山帯の真上にあり、年間を通して約1万回もの地震が発生しています。この地震でたびたび大きな震災となることもありますが、恩恵として受け取っているのが天然温泉です。2021年3月時点で、国内には計420か所に温泉地があります。

そのすべてが天然の源泉を掛け流しており、神経痛や皮膚炎などの疾病に高い効能を発揮しているほどです。実際に足を運ばれた方であれば、源泉の近くで大きなプラントがあるのをご存知でしょう。これは内部にスクラバーという装置を組み込んでいるところです。日本の天然温泉は地下約400メートルの底からくみ上げており、不純物が混ざり合っています。

そのまま入浴をすることは公衆衛生法では認められておらず、必ずスクラバーを使用してろ過をしないといけません。スクラバーの仕組みは非常に単純で、計四層の砂・土・砂利を内部のパイプに組み込んでいます。空気の力を利用して押し上げており、ろ過をされたものが各施設へと配水されるわけです。大きな施設だと毎秒40リットルもの水をろ過することができ、衛生的に問題のない温泉となります。

国内はもちろんのこと、台湾や韓国といった国々でも活用をなされており、スクラバーが今では観光施設にはなくてはならないアイテムになっていることがわかるでしょう。施設では必ず整備もなされています。スクラバーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です