Skip to content

スクラバーの仕組みや用途

スクラバーは工場で使用される機器で、製造過程に排出されるガスの中に含まれる有毒ガスや汚染物質を取り除くために用いられます。有害物質を洗浄するための塔のような形をしているので、洗浄塔ともいわれます。スクラバーの下部から排ガスを流しいれて、洗浄液などを上から噴霧して有毒物質を付着させてきれいな気体にさせてから大気に放出するための機械です。主に化学物質を取り扱って実験をしたり加工品を製造している化学工場などで用いられます。

臭いを取ることもできるので、肺炎とともに遠くまで臭いが行かないよう焼き肉屋などでも使われることもあります。スクラバーの中には充填剤を敷き詰めてそこに洗浄液を吹き付け、排ガスを流し込んで充填剤を通過させて汚染物質を取り除く湿式と、活性炭などが入ったフィルターに排ガスを通す乾式の2つのタイプがあります。どちらのタイプを選ぶかは排ガスの内容や種類によってえらばれます。また使われる洗浄液もそれぞれ工場の製造物などに合ったものが使われます。

排ガスを通す回数が増えるにしたがって湿式の場合は充填剤が、乾式の場合はフィルターに有害な物質が蓄積されていきます。すると排ガスをきれいに洗浄する効果も低くなるので定期的に充填剤やフィルターを交換することが重要です。スクラバーを用いることで工場から排出されるガスにから汚染物質が除去されて、大気中に放出されるときは大気汚染の心配がない気体となって放出されます。スクラバーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です