Skip to content

スクラバーとは何か、その種類について

スクラバーとは、化学実験室やメッキ工程・酸洗浄・溶剤洗浄・塗装工程等、化学工場などで発生する有害なガスを吸着し、水洗・薬液中和処理をほどこして大気に放出する機械です。スクラバーには湿式と乾式があり、湿式は実験・化学分析・化学工場で作業中に使い、アルカリ薬品や酸などで発生する有害ガスを収集し、排ガス洗浄装置で除去しクリーンにして大気に放出する装置です。湿式スクラバーでは排ガスを除去する方法には2種類あり、水に溶かすことで除去する物理吸収と中和反応か化学反応の分解によって除去する化学吸収とがあります。乾式は、水洗浄では取り除きづらい低濃度(1ppm程度以下)の有機溶剤や悪臭を吸着剤・活性炭などで除去する装置で、対象のガスに対応する吸着剤を選ぶために確実な除去が可能であり、吸着剤はカートリッジ式なので交換も容易です。

プリフィルターで活性炭の働きを妨げるほこりをまず除去し、活性炭を充てんしたカートリッジに有機溶剤を含んだ気体を通過させ、活性炭の表面にある無数の穴に溶剤分子を吸着させて、溶剤分子を取り除いてきれいになった空気は排風機で吸い込んで大気に放出します。小排気風量に対応する小型スクラバーは室内でも設置が可能で、ガス発生源の近くで処理することもできますし、スクラバーの処理だけでは取り除ききれない0.1ミクロンの粒子レベルの白煙を最終的に濾過し、目視で確認できないレベルまでにする白煙除去装置も存在しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です