Skip to content

工場や店舗で活躍するスクラバー

スクラバーとは、「排ガス処理装置」のことを指します。工場や店舗に導入し、そこから出る排ガスや粉じん、汚染物質を除去するのがスクラバーの役割です。川で見かける洗浄塔と同じ働きをしており、現在では小型化やさらなる性能向上が行われています。ガスを排出する研究施設や食品・自動車・化学工場、廃棄処理場やメーカーなど、さまざまな場所でスクラバーは活躍しており、飲食店などでも導入が検討されているのです。

製品として使用される場合、活性炭フィルターなどを使用することで脱臭効果を強くすることや、より排ガスが吸着しやすいカートリッジに変更することが出来ます。目的に応じて複数のフィルターやカートリッジを使用することで、非常に役立つのです。スクラバーは電気代がかかるという点や、清掃コストがかかるという問題がありました。そのデメリット解消のため、近年では循環水機能を備えた製品が存在します。

水を効率よく循環させることで、集塵と脱臭をスピーディーに行うことが可能です。加えて小型化も進めることで、スペースを取らないように設置することも可能となりました。水膜を発生させるタイプなら、膜が自動的に汚染物質のすり抜けを防いでくれます。スクラバーはこのように、実に多くのメリットが存在するのです。

導入する場合には、どの物質をしっかりと防ぎたいかということを明確にする必要があります。それに応じて、最適な機能やフィルターを使用することが出来るのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です