Skip to content

スクラバーの役割とは

スクラバーは空気を浄化するための装置で主に製造業の工場などで使用される装置です。一般家庭などではあり得ませんが、工場などでは製造の過程で汚染された大気が発生する事があります。これをこのまま外に放出すると近隣への迷惑にもなりますし、地球環境自体に悪影響を及ぼします。排ガスに関する規制も法令で決められているので、事業者は経済活動によって生じた大気汚染を対策しないといけません。

また大気汚染に対する対策を怠ると内部で働いている従業員にも影響するので、労働災害や生産性の低下を引き起こす可能性があります。スクラバーで大気を洗浄する事で匂いだけでなく、有害な物質を取り除くこともできます。吸着・水洗浄・薬液中和などで処理して大気中に放出しても問題ない状態にしていきます。これによって近隣からの苦情の原因になる臭いを取り除いたり、有機溶剤や粉塵など間違って大気中に放出したら健康被害を発生させる恐れのある危険な物質も確実に取り除いていきます。

スクラバーには湿式と乾式の2種類があってそれぞれ排ガスを処理する仕組みが違います。湿式は塔内に排ガスを通して、充填剤と水を通過させて汚染物質を浄化していく仕組みになっています。一方乾式は活性炭などのフィルターがカートリッジ式になっていて、排ガスをフィルターに通して排ガスを処理していきます。フィルターは処理したい排ガスに合わせて選択できるので、排出するガスに合わせて選択する事で効果を発揮します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です