Skip to content

スクラバーを使うメリットとは

大気汚染を防止する装置であるスクラバーは、吸着、水洗浄、薬液中和などで有毒ガスや排ガス、ばいじん・粉塵などを処理し、待機に放出する装置です。スクラバーの種類には乾式と湿式があり、乾式は水洗浄で除去が難しい場合に用いられます。活性炭などの吸着剤のフィルターを通すことで排ガスを処理し、大気に放出するのです。吸着剤には活性炭以外にもさまざまな種類があり、除去したいガスにあわせて選ぶことができます。

しかもカートリッジ式の吸着剤であれば、交換も簡単です。主に有機溶剤や悪臭、アセトンやトルエン、スチレン等の除害に使用されています。片や湿式の場合は、発生した有害なガスを水に溶け込ませたり、化学反応や中和反応で分解させて除外してから、大気に放出します。ガスやミスト、粉塵など除害する物質はさまざまです。

スクラバーは大きな工場や作業場向けだけではありません。室内に設置可能なコンパクトなサイズもあります。排気量は少なくても洗浄が必要なケースや、ガスの発生する場所近くに設置して、局所的に使用することも可能です。たとえば研究室や実験室では、キャスターが付いた移動式のコンパクトサイズのスクラバーが利用されています。

さらには飲食店でも導入する店舗が増えつつあります。排気中の油脂や臭気、埃やべたつきなどを取り除くので、ファミリーレストランや中華料理店、ステーキ店などでも使用されています。このように、スクラバーを使用すれば作業環境が改善され、近隣への臭気や有害物質の拡散を抑制することできるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です