Skip to content

スクラバーの内容や種類について

スクラバーとは排ガス洗浄装置のことで、工場から出る粉じんや有毒ガスなどを排除するために処理をする装置のことです。その装置は筒状や搭の形をしたものが多いので、洗浄塔ともいわれます。装置の下部から有毒な物質を含んだガスを流し入れて、上部から洗浄液を噴霧して有毒な物質をその霧状の洗浄液に付着させたり集めたりすることによって、有毒物質が排除されたガスが大気中に放出されるので、環境汚染の心配がなくなります。スクラバーには湿式と乾式の2種類あります。

湿式は洗浄塔の中に充填材を敷き詰めてそこに洗浄液のシャワーをかける仕組みで、有毒なガスは排気ファンによって通過させます。充填材を使わずにする方法もあり、排ガスをブロワーなどで洗浄塔に送りこんで洗浄液の気液と接触させる方法で、無充填塔式といわれます。乾式のスクラバーは、水を使わずに活性炭などを詰めたフィルターのカートリッジに排ガスを通過させて有害物質を除去する方法です。乾式のスクラバーは、水に溶けにくい成分が含まれる排ガスの洗浄に適しています。

洗浄液を使うにしても活性炭などの吸着剤を使うにしても、有毒ガスの排ガスを通して水や吸着材に有毒物質がついて蓄積されていくので、定期的な交換が必要になります。また湿式と乾式のどちらを選ぶかとか使う洗浄液や吸着剤は、排ガスに含まれる成分や内容によって適したものを選ぶことが大切です。そしてスクラバーは大気汚染を防ぐために必要な装置です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です