福祉車両はレンタルがお得でおすすめ

購入すると高額となりがちな福祉車両は、レンタルとすることで購入コストや維持コストを低減させることが可能です。最近は多くの自動車メーカーがさまざまな福祉車両を開発しており、その機能も多様化しています。利用者の障がいの種類によって仕様を選択することも可能となってきましたが、やはりネックとなるのがベース車両よりも高額になるコストの面です。福祉車両の特徴として、各種税金が軽減となる措置はありますが、購入して維持するためにはやはり一定のコストが発生しますので、一般的な自動車でも人気のある利用方法であるレンタルがおすすめです。

いわゆるレンタカーと同様に、使うときだけに借りて、使用後に返却するというタイプのレンタルもありますが、一定の期間借り受ける契約をし、1ヶ月あたり定額を支払うことで利用可能となるタイプがたいへん使い勝手のよい方法として注目されています。この方法であれば、初期購入費用としての高額な現金が必要ないこと、メンテナンスや車検、税金等の負担が月々のレンタル料金に含まれていること、購入した車両と同等のサービスがディーラーで受けられることなどの多くのメリットが存在します。家族の介護の関係で、メインで利用している車の他に福祉車両をセカンドカーとしてお考えの方にもたいへん評判の高い方法です。比較的リーズナブルに、安心して福祉車両を利用できる方法ですので、ぜひ検討されてみることをおすすめいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です