福祉車両をレンタルするメリット

福祉車両は病院や福祉施設など、高齢者を扱う企業や団体が利用することが多いですが、最近は法人ではない個人が利用するケースが増えています。個人が購入・レンタルする福祉車両は、障碍者がいる世帯や車椅子の高齢者がいる世帯で利用されています。使用用途は様々で、病院・老人ホームの送り迎えや家族でのお出かけ、時には災害避難のために使用されることもあります。車椅子の人と一緒に移動できる福祉車両は魅力的な自動車ですが、価格は500万円~600万円と一般的な自動車と比べるとかなり高額です。

中古を選べば半額程度の負担ですみますが、古い型だと性能や機能に不便を感じることがあります。比較的新しい型を低負担で利用したいならレンタルがおすすめです。レンタル料は1日ごとに5000円~10000円で、長期利用の場合は割引してもらえることが多いです。レンタル可能な車両のタイプは数種類あり、介助者が傾斜を上って車椅子の人を車内に入れる「スロープ式」や、電気の力で車椅子を持ち上げる「電動リフト式」などがあります。

スロープ式は昔からあるタイプで利用料は低額ですみますが、傾斜が急なので運ぶ方は大変ですし、車椅子の人も恐怖を覚えることがあります。電動リフト式は料金が高めですが、車椅子を水平の状態で車内に入れることができるので、乗っている人は恐怖を感じにくいですし、介助する側の負担が軽くなります。要望・予算・目的などを考慮に入れて、最も適したタイプを利用しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です