福祉車両ならリースが便利

車椅子などを乗車することが出来る福祉車両は身体障害者の方や高齢者の方にはなくてはならないものです。しかし、福祉車両の購入は普通車とは異なり大変高額であるため、リースを利用される方が多いと言えます。福祉車両のリースは福祉施設はもちろんですが、自宅で介助が必要とされる方にも需要が高まっています。定期的に病院などに通わなくてはならない場合には、車椅子での移動手段として車は必需であり、中にはこれまで使用していた自家用の軽自動車などを車椅子が乗り降りできる仕様に改造する方もいますが、改造費用も高額であることがネックであり、更には車椅子が必要ではなくなった場合には、また改造が必要となるため、リースサービスを利用することが利便性が高いと言えるのです。

福祉施設においても、購入よりもリースが一般的となっています。その背景には利用者の状態の変化に合わせて福祉車両の種類を変更することが出来るため、車椅子の方が多い場合には大型車を、歩行は可能だが車の乗り降りが難しい方にはステップが付いているような車両を選択することが出来るなど、ニーズに合わせた車両を使用することが可能となっています。体調の変化や環境の変化に伴い福祉車両を選択する必要性がありますが、その度に車両を購入するのはコストがかかります。コストを抑えて今必要とされる車両を選ぶためにも、福祉施設だけではなく、ご家庭においてもリースの活用が便利であると言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です