福祉車両はリースで利用するのがお得

福祉車両を必要としている人は多く、潜在的な需要を含めるとかなりの数になることは確実です。しかし実際に購入するとなると、車両本体価格の高さから二の足を踏んでしまう人も多いものです。福祉車両の場合は自動車取得税など、各種税金などの軽減制度もあるのですが、やはり本体価格に関してはベース車両に専用の装備を付随させることとなるので、ある程度の価格のアップは避けられません。そのためにリース契約という形態がおすすめです。

リース車両というと企業での利用というイメージが強いものですが、最近は個人向けリースも普及してきており人気を集めています。車両の所有にこだわらない人や、期間を限って利用したい人などにとってはたいへん魅力的な方法です。最も大きなメリットは、購入のためにまとまった資金が必要となることもなく、月々の支払いが一定額であるという安心感です。一般的な福祉車両は、車種や形状によって異なりますが少なくとも200万円前後の本体価格になります。

それを一括して支払うことは大きな負担となりますが、リース契約でしたら月々の支払額が2万円から3万円程度となります。そのためにまとまった資金がない場合でも維持しやすいというメリットがうまれます。定期的に必要となる点検や車検に関しても自己所有ではないために別途支払う必要が無いことも魅力です。福祉車両を購入したいけれども価格や支払い方法について悩んでいる方は、一度販売店にリース契約の件で問い合わせてみると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です