大手レンタカーが始めた福祉車両のリースシステムです

自動車のレンタル会社として非常に有名なニッポンレンタカーには、オーダーメイドによる福祉車両のリースシステムがあります。福祉車両のリースシステムは一時的に福祉車両が必要な場合のみに利用することで経済的な負担を大幅に削減することができます。ニッポンレンタカーは全国展開しているために、リースしている車両を返す場合には全国何処でも返すことが可能なのもニッポンレンタカーを利用する最大のメリットになるでしょう。オーダーメイドで福祉車両を作るために、介護される側も介護をする側も満足して使い続けることが可能になり、障がい者と健常者が一緒に行動ができる環境を整えることができます。

オーダーメイドで車両を作るとニッポンレンタカー側にしてみれば、次に使用する人に向いていなければ借り手が見つからないと思われがちですが、あくまでもリースです。リースは毎月お金が必要になりますが、一定期間の契約期間が終了した場合には手放すか買い取るかのどちらかになるために、ほとんどの人が契約期間が終了した場合には買い取りを希望しています。普通に福祉車両を購入してオーダーメイドで作るよりも費用を安く抑えることができるために、買い取る人が増えています。オプションとしてカーナビなどを設置できますが、カーナビが古くなって場合には買い取り後に自分で交換する必要があります。

購入後には普通の車両同様に維持費が必要になるために、契約が終了したら再度同じ車両で契約をする人もいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です