福祉車両でリースができるタイプは

福祉車両のリースは、主に、デイケア施設や老人ホーム、病院などで広く利用されています。リースは個人で利用するケースもありますが、この場合にはレンタルの方が多く、その理由の1つには使用頻度の違いがあります。福祉車両のリースは一般的には1年以上の長期間にわたることが多く、月々一定の金額で車両の賃借をすることになります。大きなメリットとしては、車両保有に関しての煩雑さがないことがあり、料金には登録諸費用等の経費や期間中の保険、メンテナンス費用が含まれています。

また、契約更新時に、例えば新型の福祉車両に変えることもできます。福祉車両では、軽自動車を始めとしてコンパクトカーやミニバンなどが広く利用されており、機能面としては、大きく椅子自体が作動をするタイプ、車椅子スロープ付タイプ、車椅子リフト付タイプの3つがあります。椅子自体が作動するタイプは最も種類が多く、まず、助手席シートが回転する回転シートがあります。2つ目には回転スライドシートあり、この場合には助手席や後部座席が回転し、その後外側にシートがスライドする機能となります。

3つ目としてはリフトアップシートがあります。助手席や後部座席が回転し、前方向にスライドした後に車外にシートが降りてくるために非常に乗降性の高い機能になります。車椅子スロープ付タイプは、車両後方からスロープを利用して車椅子を車内に移動できる機能を持ち、電動ベルトで引き揚げるために楽に行うことができます。車椅子リフト付タイプはスロープの代わりにリフターにより車椅子を車両内に入れる方法となり、スロープ付同様に力をかけずに車椅子の移動を行うことができるタイプになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です