福祉車両をリースする

福祉業界で起業をしようと思うとネックになるのが福祉車両の手配です。自分たちで福祉車両を手に入れようとすると何百万もの大金が必要になります。しっかりした事業の収支を得る前に投資する金額としてはとても高額になります。その悩みを解決するのがリースを活用することです。

今では、特に改造されていない車両のみならず福祉車両もリースで借りることができます。リースを活用すると車の点検や車検はすべて自分たちで行わなくとも貸してくれた会社が行ってくれるため手軽です。毎月利用料とガソリン代は自分たちの負担とはなりますが、いきなり何百万もの大金を使わずに済み経営に余裕が出たら購入するということが可能になるのです。さらに、リースの更なるメリットとしては事業に応じて福祉車両の大きさや形態を変更したいときに手軽に行うことができることです。

事業を展開する上で利用者の人数や車いす利用者の変動と様々な状況によって必要な車両の形態が必要になります。一度購入してしまうとなかなか変更することができませんが、リースであれば必要に応じて必要な車両を用意することができます。デメリットとしては、こすってしまった、凹ましてしまったとなると普通の修理に比べて多額の費用がかかる場合があることです。自家用車であれば気にしていない程度の傷も借りているとなるとそうはいきません。

自分たちで直すのではなく、業者に連絡することが義務付けられる場合もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です