福祉車両のレンタルとリースの違いは

福祉車両は病院や各種の福祉施設で導入されている車両です。それぞれの施設では運営上必要不可欠なものであり、個人でも導入する人が増えています。福祉車両には購入に補助金が出たり、税務上の優遇措置を受けられることもありますが、トータル面で見ると車両を借りるのも有効な方法です。購入する場合は初期投資に高額な資金が必要なうえ、車両の性質上、メンテナンス費用も必要になってくるからです。

ところで福祉車両のレンタルとリース。どちらも同じく車を借りることですが、違いをしっかりと把握できているでしょうか。レンタルは基本的にレンタカー会社から車を借りることで、短期間の利用が想定されています。車の整備などはレンタカー会社が行い、中途解約も可能です。

一方、リースはリース会社が行うサービスです。契約期間は年単位と長く、レンタカーと異なりオプションなども自由に選択することができます。料金的にみても長期利用ではレンタルよりもコストが抑えられます。ただし車の整備やメンテナンスに関してはオプション契約となっており、すべてを任せる場合はそれなりの費用がかかります。

各業者がそれぞれ独自のプランを用意していますので、それらを参考にして自社のニーズを満たすプランを選択するといいでしょう。このようにレンタルとリースには明らかな違いもあります。基本的には一般の人が福祉車両を借りたいのならレンタル、事業者が導入する場合はリースと考えておいていいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です