福祉車両をリースで利用するのがお得

自家用車のリース契約を行うメリットは、新車で購入することよりも初期費用をかなりおさえることができる点、そして維持費に関しては月あたりの支出額が定額となるために管理がしやすい点などです。福祉車両においても、一般的な車両と同じように個人リースで利用することができます。最近は国産車の各メーカーが様々な車種に福祉車両を設定しており、車椅子で乗り込むことを必要としているご家族がいらっしゃる方のみならず、障がいをお持ちでありながらもご自身でハンドルを握って運転を楽しみたい方などからも、多くの支持を集めています。福祉車両であるかどうかにかかわらず、新車の購入に関しては高額な費用が発生します。

車両本体価格とは別に、リフト装置や特殊な運転装置などを付け足すこととなりますので、ベース車両よりもコストがかかるという点は福祉車両の共通点です。税金の軽減制度もありますが、負担が大きくなると支払いに困難さを感じる方も多いと考えられます。しかしリース契約を結ぶことによって、負担感が減るとともに維持のしやすさが生まれます。残価設定型リースも普及しています。

使用年数の設定を3年や5年などどし、終了時点での売却価格をあらかじめ差し引いた分の金額を定額にして費用を負担していく方式ですので、一般的な契約よりもさらに月あたりの負担額が軽くなります。さまざまな方法で福祉車両をお得に入手できますので、じっくり検討することをおすすめします。お得なリースの利用で快適なカーライフを実現してみませんか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です