福祉車両をレンタルするメリットとは

福祉車両をレンタルするメリットは色々な部分にあります。第一にコスト面があります。毎日頻繁に使用する介護施設などでは自社で購入した方がトータルコストは安くすみますが、週に一回程度の利用しかない中小の介護施設などでは使用しない日の方が多く、使用する時だけレンタルした方が費用が安くすむということが挙げられます。車両を自社で持つ場合には駐車場や日々のメンテナンスなどの維持費も掛かるため、レンタルの方が安くすむことのほうが多いのです。

さらに社会全体で考えた場合には台数が少ない福祉車両を効率的に使用する方が効率が良いため、複数の介護施設で共有する方が車両の稼働率が向上し、無駄のない利用が可能となります。また日常的には必要のない施設であっても必要な時に利用できる環境があった方が介護の効率が増し、社会全体が豊かになるという効果も有ります。最近では福祉車両をレンタカーとして用意しているレンタカー会社が増えています。そのことで従来はさまざまな理由で福祉車両を用意することが出来なかった団体や高齢者のイベントなどでも手軽に借りることが出来るようになり、今まで自分ではなかなか移動することが出来なかった高齢者や障害者が参加できる機会が増えたことも福祉車両がレンタルできるようになったことの効果です。

高齢化社会を迎え益々移動に介助を必要とする人が増える傾向にある現代社会に於いては、必要不可欠なものとなりつつあるものであるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です