福祉車両のレンタルの手順

福祉車両というのは、たとえばハッチバックになっているドアにスロープを架設することによって車椅子のまま出入りをすることができたり、身体障害者本人が運転するために運転席が回転するようになっていて、車椅子から座席に移る動作がしやすくなっているといった、特別な装備をほどこしたものといえます。こうした福祉車両が手元にあれば便利ではありますが、概して購入代金が高く、日時用的に利用することが前提でなければ、おいそれと購入できるようなものではありません。そこで、家族が怪我のために一時的に車椅子生活になってしまい、一般的な乗用車では病院への送迎が難儀だといった場合には、このような福祉車両をレンタカー会社からレンタルしてみるという方法があります。福祉車両とはいっても、レンタルをするときの手順は、一般的な乗用車の場合とそれほどかわらず、レンタカー会社のホームページから日付と車種を予約した上で、当日に店舗に行って、運転免許証などの身分証明書類を提示し、代金を支払うという手続きをする流れになります。

ただし、福祉車両はすべての店舗にあるわけではなく、特定の店舗だけが取り扱っているため、かならずしも自宅に近い店舗というわけではない可能性があります。また、配備されている台数が極端に少ないため、予約が満杯になってしまっていて、目的の日時にレンタルができないということもありますので、そうした点には注意しておく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です