福祉車両の種類とレンタルして使う目的

福祉車両の種類には、リアスロープ、リアリフト、サイドリフト、運転補助装置付き、訪問入浴車、移動理髪車などがあります。リアスロープは介助者と共に車椅子のままスロープで車へ乗り降りできます。車内で車いすをベルトで固定して、さらにシートベルトを着用します。リアリフトは単純な操作で昇降するリフターがついています。

介助される方や車椅子の方も安心な仕組みです。ミニバンタイプにリフトが搭載されているものも多いです。サイドリフトは後部座席か助手席のシートが回転します。病気等で乗り降りが困難な方、車椅子で移動する方、ケガ中の方に最適です。

乗り降りが快適に出来る車高が高いミニバンもあります。運転補助装置付きは足が不自由な方にも楽に運転ができるように手動でブレーキ、アクセル、ハンドリングの補助等を行える装置が付いた車両です。訪問入浴車や移動理髪車は一人で入浴や散髪に行けない方に多く使われています。福祉車両をレンタルする目的は、福祉施設の送迎、ご家族で車いすの移動が多い方、妊婦や小さな子供を乗せたい方等に使われることが多いです。

福祉施設の送迎は、デイサービスがありますがご家族の都合で福祉車両をレンタルして送迎する方もいます。ご家族で車いすの移動をしている方を観光等の遠くへ連れて行く目的で、福祉車両をレンタルすることもあります。妊婦や小さな子供を乗せる時にも福祉車両をレンタルすれば安全な移動手段となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です