福祉車両をレンタルで使用する際には

体に障害があったり加齢によって体の機能が低下すると外に出るのも苦労してしまいます。出歩く頻度も次第に減って行きますし、車を使う回数も然りです。しかしそんな方々でもたまには家族と一緒に旅行に行ってリフレッシュしたいと思っているもので、その他でも病院等に出向く際に重宝するのが福祉車両です。購入時や税制に優遇がありますが、一時的に使用したい時にはレンタルで利用することになります。

その際にいくつかポイントを押さえておけばご家族の負担も軽減してより快適なカーライフを満喫できるのです。福祉車両には様々なものがあり、自力で歩ける能力はあってもかがんだりといった動作に負担がかかる方に向いているリフトアップシートが搭載されたものや、車いすに乗ったまま乗り降りができるスロープ付きのものなどがあり、車のメーカーも今後の日本の高齢化社会を見据えた戦略からか積極的に自社製品にそういった装備が付いた特別仕様車を販売しています。レンタル業者を選ぶ際にはただ福祉車両を扱っているだけでなく、これらの車種への知識が豊富で体が不自由な方の目線で車を見ることができる業者を選ぶようにしましょう。福祉車両は体が不自由な方向けに作られた車両ではありますが、使用時に思わぬトラブルを経験してしまうことがあり、様々な可能性を考慮して的確な使用方法や対処法に熟知しているレンタル業者を選ぶことが大切で、そこから学ぶことでいずれ購入する際にも役に立つのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です