福祉車両とレンタルのメリット

福祉車両は介護サービスなどを行う福祉事業者がデイサービスなどの利用者を施設へと送迎する際に使うための車です。利用者が自宅から施設などに通うための大切なものであるため、事業者は福祉車両を導入する際に購入するかレンタルするかの選択をすることがあります。福祉車両には様々な種類があり、車いすで乗り降り可能であったり介護者と車いすが一緒に乗り降りをすることができるスロープ型、車いすのみ乗り降りすることができるリフト型などがあり車の大きさもバンタイプからミニバンタイプなどがあります。福祉車両を購入するとなると数百万の費用が必要となりますが、レンタルにした場合には毎月一定の利用賞を支払えば利用することができます。

そのため資金面での負担を軽減することができると言うのはレンタルの大きなメリットです。福祉事業者は他にも様々な経費を必要としますが、レンタルを利用することでまとまった資金を用意する必要がなくなるため、資金面での負担を押さえることができるのです。また期間も短期間から長期間など選択することが可能で、必要がない場合には返すことができますし別の福祉車両を導入したいと言う場合にも今、使っている車を返して新しく借りると言うことができ必要な時に必要なタイプを選ぶことができると言うのもメリットのひとつです。また万が一、事故を起こしたり故障などが起こった場合にもロードサービスや代車のサービスなどがある場合も多いので安心して利用することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です